--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-16

自分が病気を創っている

 

 自分が病気になった時、多くの人は、自分から病気になったのではなく、突然何かの原因で、他から降ってきたように思っていますが、そうではありません。殆どが、自分が無意識のうちに、病気を創り出しているのです。それは、今生だけでなく、過去世からのものもあります。ただし、自分の魂の願いで人類の業(カルマ)を背負い、病気という形をとって人類に真理の目覚めを促すという最高級の魂を持っている人もいます。人類救済のために天命として病気になる人は、この範疇には入りません。


 病気というと、どうしてもネガティブなイメージがありますが、病気になることでマイナス想念を浄化し、真理に目覚めさせるプロセスでもあります。ですから、中には魂の進化向上でのために死を決意し、病気になる場合もあるのです。自分の因縁がすべて消えていない、残された因縁を大きく消すために、病気を通して死に至り、真理の目覚めを果たしたいという魂の強い決意がある時もあります。この場合は、治療を受けても治らないのです。風邪などの、日常的な病気でも死へと移行してゆくことがあります。


 殆どの病気の原因は、必ず過去にあります。急に病名を宣告されて、なぜ自分が?と納得いかなかったり、自分だけは違うと叫んでも、事実は事実です。過去を遡ってみると、あの時の不摂生、煙草を吸い続けた、お酒を飲み続けた、インスタント食品や肉を食べ続けた、あるいは、悩み続けてストレスを抱えていた、過酷なスケジュールや競争に巻き込まれていた、否定的な感情想念の憤怒、非難、不平不満、不安、嫉妬、イライラなどに振り回されていた、必要以上に肉体を酷使していたなど、過去のある時点において、肉体的条件、精神的条件が重なって、病気の原因の種を無意識に蒔いているのです。この種は、本人のマイナス想念のエネルギーの与え方により、数日、数か月、数年、数十年と現れ方が違ってきます。無意識で生きるというのは、自分に病気の種を蒔いていることになるのです。


 でも、病気になったからといって、悔やんでばかりはいられません。病気という消えてゆく現象の中で、真理の気づきが始まりますし、病気というものは、たとえ大病であっても、自らの生命力、自然治癒力によって、即完治とまでいかなくても、通り越すことはできるものなのです。病気は本来、自らの意識で治せるのです。それなのに治らないのは、諦めや絶望、失望の想念からなる形の場(共鳴作用によっておこる場)の影響を受けるからです。


 人は、病気によって死ぬのではなく、病気によって死ぬという想念や、病気=死というイメージの形の場を受け入れてしまうからです。病気というものは、重い軽いに関係なく、生に属しているものです。決して死に属しているのではありません。しかも病気を苦痛に満ちたものに創りあげたのは、本人や家族、周りの人、そして医療従事者たちです。病気に対する恐怖心、不安を植え付け、未来に希望が持てず、死へと導いてしまうのです。


 病気というものは、あくまでも生に属しているものですから、死に結びつける必要はありません。病気になった意味がわかっていれば、病むことはないのです。病気になっても、きちんと受け入れている人は、明るく、自由で輝いている人もいます。このような人たちは、病気を通して、真理を深く高く体得していますし、心が成長するものであると分かっているから、病気を否定的には考えていません。


 大体、否定的感情想念の多い人は、病気になりやすい傾向があります。なので、自分の魂がこの状況を脱するために、病気をして、過去の因縁、否定的感情想念を消そうとするのです。その結果、心は癒され、意識は強くなり、改めて生きる希望を持つこともあります。病気になっても、心まで縛ることをせず、肉体は不自由であっても、心は自由自在になることです。病気は消えてゆく姿なので、捉われなければ消えてゆきます。また、受け入れることで、偶然に起こったものでなく、深い意味も見出すこともできるのです。

 
 真理を理解されている方は、病気=死のイメージを次々と光明に変えて、形の場の影響も受けず、生き生きとされています。私もかつては、医療の現場で働いていたので、マイナスの形の場にエネルギーを与えていたことがありました。今は、そのマイナスのエネルギーが無くなるように印と祈りを行っています。最近TVで知ったのですが、、慢性疲労症候群の専門の科やクリニックができて、患者さんもかなり増えているそうです。このような人にも、病気の本当の意味や、自分の癒し方を伝えたいと思いました。これからの、新しい医療のあり方や、病気に対する考え方が、一刻も早く変わっていくことを願っております。


 
スポンサーサイト

tag : 病気について

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 あーやん

Author: あーやん
調和波動気功を続けていると、人はどのような状況であっても幸せを掴めるものだと思うようになりました。どんな時でも愛されていると分かればこの上ない喜びを感じるのです。生きていく上で一番大事なことは自分自身を知ることです。本当の自分の価値を知り、無限なる幸せを得るためのメッセージをお届けします

 
世界人類が平和でありますように
 
May peace prevail on earth

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。