--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-02

日常における波動の影響

 
 
 昨日は、将来のために波動を高めておきましょう。と書きましたが、すでに私達は日常生活においても、波動の影響を受けています。波動というのは「情報」という言葉に置き換えることができます。この情報は五感よりも遥かに速く察知できるものであり、例えてみると、高く細かい波動というのは、画素数が多く質のいいものなので、正しい多くの情報が届けられます。反対に低くて粗い波動は、質が悪く画素数が少ないので大雑把な情報しか届かないのです。ですから、波動が高く細かいほど、様々な状況が把握しやすくなり、危機を察知できるのです。余裕を持って正しい判断でき、物事もコントロールできますから、ひいては、これが不幸や事故、病気なども未然に防ぐことが出来るのです。


 波動が細かいと、この状態が当たり前になりますが、粗い波動になると情報が少ないので、物事を大雑把にしか見れず、行動が無頓着になります。そして、物事があっという間に起きてしまい、何をすべきか判断できず、事が起こった後に行動を起こすので、時すでに遅し、という結果になるのです。これを繰り返してしまうと、負のスパイラルに入ってしまい、抜け出すのが大変になってしまいます(無限なる可能性)
 
 また、物や料理を作ったり、芸術の表現、ヒーリングなどの施術する人の波動も注意が必要です。この人達の心の波動により、物を通して受け手に影響を与えてしまうからです。作り手や施術者が平穏で愛に満ちた波動ならば愛と光の波動を与えるので、受けた人は波動を高めることができます。反対に、不調和な心で物を作ったり、料理やヒーリングなどを行うことは、マイナスの波動を与えていることになります。料理などで、いくら良い材料を使っても美味しくはありませんし、酷いものでは毒を盛られているようなものになります。霊視できる人では、黒いオーラが出ているのが見えるそうです。原因不明の食中毒などでは、不調和な心の波動が、食べ物を介して伝わっていることがあるのです。ヒーリングなども、かえって体調が悪くなったりします。


 ですから、私たちが波動を高めるというのは、将来の自分のためだけでなく、すでに自分の周りにも日常的に影響を与えているので、心しておかなければなりません。商売をしている人もそうですが、家族の料理を作る人も食べる人に大きな影響を与えているのです。マイナスの波動を出してる人の料理を食べると体がだるくなったり、重くなったり、あるいはマイナスの本や絵、写真を見て気分悪くなることもあるのです。体だけでなく精神的にもよくはありません。


 しかし、これらのことは自分自身の波動によっても影響の受け方が変わります。波動が高く細かいと寄せ付けません。波長が合わないものは引き合わないのです。だから、周りが食中毒やインフルエンザなどの感染が広まったり、万が一事故に巻き込まれたとしても、案外平気だったりすることがあります。


 このように波動を高めて細かくするというのは、日常生活においても、とても大事なことですから、自分のことだけでなく、家族や周りの人たちに悪影響を及ぼさないように、優しい愛の波動を放つよう心掛けておきましょう。


 
スポンサーサイト

tag : 波動

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 あーやん

Author: あーやん
調和波動気功を続けていると、人はどのような状況であっても幸せを掴めるものだと思うようになりました。どんな時でも愛されていると分かればこの上ない喜びを感じるのです。生きていく上で一番大事なことは自分自身を知ることです。本当の自分の価値を知り、無限なる幸せを得るためのメッセージをお届けします

 
世界人類が平和でありますように
 
May peace prevail on earth

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。